レザークラフトによるキーホルダーの作り方を完全解説!型紙もあるよ

メロディーブログへようこそ。
大好きな趣味やライフスタイルから学んだことをまとめています。

今回は初心者の方でも簡単に作れちゃう『レザーキーホルダー』の作り方をご紹介したいと思います。

サイズは小さめで、主に基本的な技法だけで作れますので、初心者の方にもおすすめですよ♪

melody
型紙と、手縫いの動画も用意してあります!初めての方も是非チャレンジしてみてくださいね♪

必用となる道具や材料

まずはキーホルダーを作るために必要となる材料や道具を確認していきましょう!

必要な材料
【牛ヌメ革】2㎜厚を使用(3㎝×12㎝以上あれば良い)
【二重リング】内径21㎜以上

革は手芸店のクラフトコーナーに行くと置いてあります。是非実際に見たり触ったりして選んでください♪

また、ネットで探される方は以下のリンクを参考にしてみてください⇓

↑色や厚みは選べませんが、練習用に、はぎれセットは超おすすめですよ♪
必要な道具
【基本工具一式】丸ギリ、カッターマット、カッターナイフ、サイビノール、ヘラ、菱目打ち(又は菱錐)、ハンマー、プラスチック板(又はゴム板)、縫い糸、縫い針、トコノール、コーンスリッカー

カッターナイフ、ハンマー等は専用のものでなくても大丈夫ですよ。家にあるもので代用できそうなものは、どんどん使うといいと思います。

created by Rinker
¥347 (2022/06/26 04:21:06時点 楽天市場調べ-詳細)

制作時間

制作時間目安
初心者40分
慣れたら20分

初心者の方は40分~1時間程度かかる場合もあるかもしれませんが、作業自体は単純なものばかりなので、焦らずやればすぐに慣れてくると思います。

仕上がりイメージ

実際に鍵を付けるとこんな感じになります。

小さくて、使いやすいキーホルダーです。刻印で名前を彫れば、家族や友人とおそろいで使えて、楽しみが広がります♪

型紙をこちら↓に用意してありますので、良ければご使用ください♪

キーホルダー型紙PDF
コピー用紙に印刷し、厚紙などに張り付けてからご使用ください。

作り方

それでは、さっそく作業に入っていきましょう!

今回の作業手順は次の通りです。

  1. 裁断
  2. 接着
  3. 手縫い
  4. 仕上げ

裁断

一つ目の工程となる「裁断」を行っていきましょう。

ここでは型紙作成から、革の裁断まで進めます。

melody

以下の流れで進めていきますよ!

  1. 型紙をダウンロードし、印刷
  2. 厚紙に張り付け、切り出す。
  3. 革にケガキ(しるし)を入れて裁断
  4. 一部コバ磨き

それでは行ってみましょう♪

コバ磨き
レザークラフトでは革の断面の事をコバと呼びます。見た目の美しさや、伸び止め、耐久性アップのためにコバ処理剤で磨いてピカピカに仕上げる作業を「コバ磨き」や「コバ処理」と言います。

型紙をダウンロードし、印刷したら余白をカットして厚紙へ張り付けましょう。スティックのりのような水分少なめの糊を使うと、紙がふやけないのでお勧めですよ。
キーホルダー型紙

型紙の完成です♪

型紙を革の上に置き、ずれないようにしっかり押さえて、なぞります。※力を入れすぎないように注意。

後で磨けないコバは、「トコノール」と「コーンスリッカー」で、先に磨いておきます⇓今回で言うと、リングが付く半円の部分ですね。

上下左右に動かしたり、スリッカーを回転させたりして、しっかり磨くと写真のように艶が出てきますよ♪

接着

接着剤を使って革を張り合わせます。

melody

以下の流れで作業を進めます⇓

  1. リングを通しておく
  2. 接着剤を塗り圧着
  3. コバを軽く仕上げておく

リングを通してから、まんべんなくサイビノール(接着剤)を塗り、圧着します。

接着剤が乾くまで、クリップをはさんで数分置いておきます。

接着剤が乾いたら、やすりでコバを揃えて、ヘリを落とし、コバ磨きをしておきます。※ここでは軽く仕上げる程度でオッケーです♪

ポイント
通常コバの仕上げは一番最後に行いますが、今回の作品は、縫い糸がコバを巻き込む形になり、一部磨けない箇所が発生するので、あらかじめ仕上げをしておきます。

手縫い

いよいよ手縫いの工程です。

melody
ここでの流れは次の通りです⇓

  1. ディバイダーで、縫い線を引く
  2. 印をつけ、穴をあける
  3. 手縫いをする

縫い線を引きましょう。
ディバイダーを3㎜に合わせて、線を引きます。


点線(角と角を結んだ線)から3㎜のところに丸ぎりで印をつけておきます。コレが縫い穴の起点となります。

起点を基準に、縫うピッチを決めていきます。(ここでは穴はあけず、目印をつけるだけです。)

見栄えよく、縫いピッチを決められたらハンマーで叩いて縫い穴を開けましょう!

コレで縫う準備は完了です♪

いよいよ手縫いの工程に入っていきましょう。
糸の長さは縫う距離の4倍の長さを用意し、ロウをひいたら、準備オッケーです。

手荒れが酷かったので手袋をはめました(^^;⇓

ビニール系の糸なので、ライターで炙って処理しますよ。

糸を押さえて馴染ませておきましょう。

コレで手縫いは完成です♪

melody

手縫いに初挑戦される方で、縫い方がわからない方のために動画を用意しましたので、是非参考にしてみてくださいね♪

https://youtu.be/Fyi_szYh2mI

仕上げ

最終のコバ仕上げをします。

縫う前にもコバを磨いてありますから、後は気が済むまで磨くかんじで(^^♪

この「やすり掛け」→「トコノールで磨く」の作業だけでもコバは十分仕上がりますが、さらにこだわりたい方のために、もう一つの作業をご紹介しておきますね♪

コバワックス(黄色い消しゴムのようなモノ)と、タマネン(写真下の道具)、アルコールランプを使用します。

使い方は、タマネンを熱してコバワックスを削り取り、コバに引いていきます。

慣れないと難しいですが、うまく塗れたらこんな感じで良い色になります。

これにてすべての工程が完了しました♪

お疲れさまでしたm(__)m

⇓レザークラフトに関する情報を網羅的にまとめています♪是非ご覧ください⇓

まとめ

いかがだったでしょうか、素敵なキーホルダーは出来ましたでしょうか?

今回作業した内容は次の通りです。

  1. 裁断
  2. 接着
  3. 手縫い
  4. 仕上げ
これらは、レザークラフトの基本的な技法になりますので、今回のような材料が少なくて済む作品に何回かチャレンジすればすぐに慣れると思います。

また、今回ご紹介した型紙を応用すれば⇓こんな感じで、色んなサイズのキーホルダーを作れるようになりますよ♪

今後も、キーホルダーのバリエーションとして少し凝っものもご紹介していこうと思います。是非またいらしてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です